2018-03-09

断捨離の年

2018年は断捨離の年だそうです。
節分の前にご紹介で知り合った福岡の九星気学の鑑定師様。

籾山は占いは好きなのですが、やりすぎると依存してしまう質(カパ)があるので、カパが増えすぎないように軽く受け止め(ヴァータ)客観的な判断(ピッタ)をするように努めています。

アーユルヴェーダの考え方の1つに、同じ質が同じ質を増やし異なった質が異なった質を調整してくれるため、意識的にバランスを取るよう練習。

アーユルヴェーダでも東洋医学でも女性は男性より複雑な生き物ですから、外からのさまざまな影響を受けやすいんです。
容易なことではありませんが、アーユルヴェーダ的には60歳で一人前になれると考えられているため、ほとんどの方々は今はまだ変換期。
心と体と相談しながらなりたい自分になるため、日々の選択を丁寧に選んで行ってくださいね。

さて。その鑑定師様とお話をしていて、籾山の普段思っていることと、その方の思っていることが同じであることが発覚いたしました。

籾山がアーユルヴェーダを好きな理由はいく通りもの考え方、捉え方があり、『あなたは〇〇』と決め付けられず、自分で自分を作り上げて行くことができるというところが大好きです。

その鑑定士様曰く九星気学も同じ考えだそうです。九星気学を学ばれ実践される方は、時の流れや人や物と上手に付き合い、全てのことを客観的に見ることができ、どんな星の人間にでもなれるようです。

畑は違えど同じ考えの方と出会え沢山話せて本当に面白かったです。

何十億人と地球上には人がいるから、何十億通りの人がいて当たり前ですしね。

こちらがどれだけ努力しても、あちらの体調が悪い、とか、虫の居所が悪いなどの相手の都合で上手くいかないこともあります。
籾山が今まで学んできた事は見る角度を変える事ができ、行く通りもの捉え方があり、全て正解であると言うこと。
ただ、こちらも調子が悪いと全て正解であるとは頭でわかっていても心では納得いってないこととかもあるんですけどね。
そーゆー時は体が重く疲れていて、視界も狭くなっている時が多い気がします。

話が逸れましたが、今年のテーマはの要が断捨離。

断捨離する対象は全て。

今の自分に必要のないもの。
身の回りの物や、名前を見てもわからない携帯電話の連絡先や、交流のないfacebookの友達、働いている環境や、付き合う人間関係、時間、考え方、贅肉も!

不安定になりやすいヴァータさんを安定させるためにはある安心できるスペースと重みが必要なので、色々なものに囲まれることで安心を保てます。

が、その安心を保とうとしてたくさんのものに囲まれすぎることで、気づいたら適度を超えて重くなりすぎてスペースがなくなって窮屈になってきてしまいます。

女性はカパ性が強く出るため仕方がないけど、バランスが取りにくくなるため思い切って捨てなければなりませんね!

離れがたい縁や物もたくさんあります。

でも、良い出会いに恵まれるためには、新しい物が住める場所を作らなくてはなりませんからね。

わかっていてもなかなかできていないといろんなところからの気づきがやってきます。

今回は知り合いのお姉ちゃんから断捨離のリマインドの電話をいただきました。

そしてここ最近体が重い感じがしていたのですが、その電話をいただいてから、なんだか視界もスッキリしました。

『断捨離』頑張ります!!!

心と体のアドバイザー
籾山 紗有香

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です